サロメ 健全なセクシャリティ 金星の女神学校
ホーム | 遠隔ワーク > 金星の女神学校(女性性開花ワーク)金星の女神学校vol.3 (サロメ) 瑞々しい清潔な女性性のエロス
商品詳細

金星の女神学校vol.3 (サロメ) 瑞々しい清潔な女性性のエロス

販売価格: 20,000円 (税込)
[在庫あり]
希望小売価格: 20,000円
数量:

サロメの踊っていたダンスは、「メタモルフォーゼ」と呼ばれる、
衣服を一枚一枚脱いでゆく踊り。

余分なものをひとつひとつはぎ取って、素の自分、ありのままの自分、
「裸」になってゆく踊りです。

この「メタモルフォーゼ」という踊りは、高次的な視点で見てゆくと、
チャクラの浄化です。
それは「水」によっての浄化です。

メタモルフォーゼというのは、「変容」という意味です。
余分なものを手放し、欲望を浄化して、自分の真のエッセンスになってゆくこと、
そのことが、一番、その人を官能的に魅力的に、人を惹きつける人物にするのです。


サロメのメタモルフォーゼは、イシュタル、イナンナの
「冥界下り」のメタファーなのです。


【お薦めコメント】
自分のなかのセクシュアリティ、官能性に対しての判断や、
コンプレックスを癒す。


過去の性的境界線を侵害された出来事における傷を
すべて手放すことを、強力にサポートする。

自分の官能やセクシュアリティに関する健全な認識を受けとり、
怖れや、怒りや憎しみ、嫌悪感を癒して純化する。


悪女と呼ばれる人、男の人を虜にするファムファタルと呼ばれる人に対して、
同性として抱いてしまいがちな嫉妬を解除し、自由になることを可能にする。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *




【エネルギーコンファームコメント】
サロメは、新約聖書のなかに登場する女性です。
洗礼者ヨハネを死に追いやったことから、
「悪女」の代名詞として語られることも多い官能的な女性(少女)です。

洗礼者ヨハネの首を所望したのは、実は彼女自身の望みではありませんでした。
彼女の母親の望みだったのです。

彼女の母親が、彼女の官能的な魅力に目を付け、
ヘロデ王の前で、みだらな舞を舞わせて、
ヘロデ王が、サロメの言うなりになるように仕組んだのですね。

まず、彼女は、セクシュアリティを母親に利用されて、
そして継父(ヘロデ王)に利用されているのです。


これは、現在でも秘かに闇に葬られている家族内での、
性的機能不全の典型的パターンなのです。

先進国では文字通り家族の闇の中で、
そして、貧しい国では、表だって人身売買が行われているところさえあります。
それは、幼い(〜思春期)の子供たちにとって負いきれない
魂の性的な(第二チャクラの)傷となります。

子供たちというのは、大人たちに依存(第二チャクラ)しています。
自分を養育している立場の大人たちに「ノー」と言えるのは、
十分に愛されて、保護を受け取っている子供たちなんですね。


そうでない子供たちは、親に見捨てられないために
「ノー」ということが出来ません。
子供というのは、独りではまだ生きてゆけないように生まれてきているからです。
それが、子供の親に対する深い愛情と自己犠牲の元となります。


≪サロメ≫も、「ノー」と言えなかった少女です。
「ノー」と言えない少女(もしくは少年も含むでしょう)の代表かもしれません。


そして、「ノー」と言えないまま、
後世にも知られるような殺人者になったわけです。


聖書に描かれているサロメは、魂を持たない人形のようです。
母親に指示されようにヨハネの首を求めるときも、
そして断頭されたヨハネの首が載せられた器が目の前に運ばれたときにも、
彼女に感情の動きはありません。

ヘロデ王の前で官能的な踊りを舞うときでさえそうです。
少し考えれば、それがどれほど異常なことかすぐわかるはずです。
軌道を逸した犯罪というものは、
いつもこのように感情の抑圧されたシチュエーションで行われるのです。


サロメのように、おそらく幼いころから、性的な境界線を守られることなく、
大人たちに利用されると、それに耐えるために、感情を麻痺(マヒ)させてゆくのです。
そうしなければ、魂が壊れてしまうからです。
ですから人形のようになってしまうのです。
ロボットといってもいいかもしれません。
そのように育つ魂が死んだ状態の子供たちは、実はこの世に少なくありません。



さて、洗礼者ヨハネに話を移しますが、
ヨハネは、イエスキリストにヨルダン川で洗礼を与えた聖者です。

その聖者が、なぜサロメの母親に憎まれたかと言えば、
サロメの母親と、ヘロデ王が正式な王族の婚姻関係ではない不適切な関係であるということを言明し、
非難したからです。
おそらくヨハネによって、母親が現在の自分の地位が危うくなることを
深く怖れたためであると言えます。

このヨハネの行為は、高次元的に解釈すると≪サロメ≫という少女を
このような養育環境から助け出そうという動きであると理解することが出来ます。


≪サロメ≫には、対になる「洗礼者ヨハネ」のヒーリングエネルギーが入ります。
サロメのアチューメントは、(聖霊の)純化のエネルギー、受容のエネルギー、
そして深い魂のヒーリングのエネルギーとして完成されています。


ヨハネは、秘義的解釈によれば、預言者エリヤとの関連がささやかれる存在です。
そして預言者エリヤは、大天使サンダルフォンと繋がりが深い人物です。
大天使サンダルフォンは、カバラ的解釈によれば、マルクトを守護する大天使です。
マルクトとは、この地球、わたしたちの住むこの地上のことです。


カバラ的解釈によれば、大天使メタトロンと大天使サンダルフォンは、双子であると言われ、
そしてこの二人の大天使は、人間として、この地上を生きた経験を持つとされています。

そして、生命の樹の一番上、ケテル(天国)を大天使メタトロンが、
そして、生命の樹の一番下のマルクト(地球)を大天使サンダルフォンが
守護しているとされています。


大天使サンダルフォンは、セラフィム系の大天使です。
この世の一番低いエネルギーに癒しと浄化のエネルギーをもたらす存在として、
サロメに係わったとしても不思議ではないでしょう。
つまり、サロメの背後には、守護として大天使サンダルフォンが存在していると言えます。
それは今回のアチューメントエネルギーも
そのような設定になっていることをまず知っておいてください。


サロメは、のちにイエスキリストの弟子になったという説があります。
マグダラのマリアらとともに、イエスの磔刑を見守り、
その墓を訪ね、復活したイエスに最初に出会った女性のなかにも
サロメという名の女性が存在するのです。


≪サロメ≫と言う名は、本来ヘブライ語「シャローム(平和)」に起源する
女性の名前です。
ちなみにサンスクリット語では、「シャンティ」です。



さて、幼いころにサロメのような扱いを受け、
大人になってセラピー等で、癒しを受け取ろうとするとき、
一番問題になるのは、抑圧されてきた感情を少しづつ解放してゆく際に見出される膨大な怒りです。

これはわたしも、今までセラピーで、
たくさん扱ってきているケースでもあります。


サロメが、感情を抑圧して、人形のようであったと書きましたが、
これは実は内面に膨大な怒りと憎しみを蓄えている状態でもあるということなのです。
癒されない憎しみは、必ず行き先を求め、いずれ復讐に用いられることになります。
それが憎しみの復讐の連鎖です。
これは、「許し」によってしか完結しません。


それでは、≪サロメ≫にどのように、意思を持って「許す」というエネルギーをもたらすことが、
大天使サンダルフォンによって意図されたのでしょうか?


それが、洗礼者ヨハネのサロメに対する「供犠」です。
イエスキリストもそうでしょうが、あるレベルまで到達した存在は、
自分で自分を危機的な苦難から救い出すことは、実は可能なはずなのです。

けれども、それこそあるレベルまで到達した存在は、
自分の命も最も有効な目的に愛をもって捧げることが可能なのですね。


洗礼者ヨハネは、サロメの潜在意識に眠る憎しみと怒りに満ちた破壊衝動の浄化となる帰結となるために、
自らの命と肉体を供犠として、捧げたと解釈することも、ここで可能となるのです。

サロメに向けられた、その供犠の愛の衝動が、
その瞬間にはサロメの魂に到達しなかったとしても、
のちに少しづつ、サロメの魂に波及し、のちにサロメが悛改し、
愛と許しを求めてイエスキリストのエネルギーに救済されたと解釈するのが、
わたしは好きです。



頭と体を切り離すということには、どんな意味があるのでしょう?

これは、実は、サロメ自身のそのときの状態のメタファーであるのです。
肉体的痛みを無感覚にするために、頭と体を切り離すということは、
肉体的、特にセクシャリティにおいて、性的虐待を受けたときにとる
もっとも典型的エネルギー的防御の状態なのです。


体の感覚と感情は深い繋がりがありますので、
感情や感覚も麻痺した状態というのが、
頭と体(こころ)を切り離した状態であるというのです。

洗礼者ヨハネは、まさに自らの肉体をもって、
サロメに魂の傷を指し示したのです。
これが、実は官能的身体的セクシャリティにおける最も高いレベルでの形であると言えるのです。
これは、高い魂のレベルに達した純化した魂しか行えない供犠です。

そして、≪サロメ≫は、それを受け取った純化した魂の女性性の女神であると
アチューメントでは捉えています。


* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

【ヒーリングの受け方 アチューメントの受け取り方】
こちらの金星の女神学校は、2つの受け取りかたがあります。
1.トランスミッションワークとして、3時間設定で受け取る。
2.ヒーリングとして1時間集中として受け取る

【こちらは遠隔セッションのみのメニューです】
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
グリッドに移った白いエネルギー、あれは、ケルビム(智天使)の雲です。

気体に熱が加わると、蒸気が発生します。気体(空気)は、贈り与えるケルビム(智天使)のエネルギー、そして熱は、ソロネ(座天使)の供犠の愛の熱だと、シュタイナーは説明していました。そして蒸気は、いずれ「水」になります。「水」は、洗い清めるエネルギーです。そして雲が水(雨)に変化したあとに、光が射すのです。つまりケルビム(智天使)の雲は、光が射すための準備のエネルギーだと云えるようです。

女性のなかの「水」が、いつも流れ清められているようにということなのだと思います。
そして、「水」は、とてもセクシャルな魅力、浄化された官能の魅力の元なのだと思うのです。瑞々しさですね。そういう「水」を感じさせる女性は、セクシーに感じると何か雑誌でも読んだことがありますよ。

(画像をクリックすると大きく見られます)
グリッドの写真を撮影したのは、バレンタインデーの朝だったのですが、その日は、目が覚めたら、あっ写真撮らなきゃだっという感じに予定もしていなかったのになったのですね〜。

1枚目の写真は、ごくごく普通に写ったのですが、2枚目からこのような白いエネルギーが写って消えないのです。で、普通の写真も撮りたいのですが、と伝えると消えましたけど。

それは、「聖霊」が深く係わるというサインでした。

中央のセレナイトのワンドは、もともとホワイトエナジーを降ろすために使われるものなのですが、こんなにわかりやすい写真ってある〜?って思いました。

これは正面から撮っているので、右側に写っているのですが、正面を向いていると考えると、左側、グリッドの女性性の位置にこの白いエネルギーは、在るのです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
水の流れる音は、第二チャクラを浄化するのです。音では「D」になります。
第二チャクラというか実は「子宮」の浄化なのです。


金星の女神学校のお申込みの際にこのような言葉をいただきました。
「私自身今は結婚に向け準備中で忙しいながらもやはり幸せです。
でも時々昔の弱かった頃の自分。女の部分を全面に出し男性に寄りかかっていた自分を思い出すと自分自身が情けなくて不潔に思えてしまいます。こういった自分に向き合えるのではないかとブログを読んで思いました。」

時々昔の弱かった頃の自分。女の部分を全面に出し男性に寄りかかっていた自分を思い出すと自分自身が情けなくて不潔に思えてしまいます。これは、わたしにもある部分だな〜と。なかなか自分を許せない部分でもありました。
もちろん、いろいろ言い訳もできるのですが、やっぱり一番の原因は、わたしが自分の真実から目を逸らしていたということ、それくらい弱かったということなのだと思います。

たとえば、第二チャクラを男性の関心を得るために使うことは、容易いことなのだと思います。けれども、ハート(真実)が伴っていなければ、やはりそれは、虚しいことでしかありません。真実や信頼や安心が伴う関係性は、第二チャクラだけでは、得られません。官能的な魅力やセクシーな風情は、一見優位な力に思えるけれども、それは、両刃の剣になってしまうのです。

ですから、≪サロメ≫の前に、恋愛の欺瞞に真実に向き合う≪ヴィーナス≫というプロセスが、幸せな官能的関係の前提にあるのです。

これから経験するという人は、≪ヴィーナス≫の力を持って、健全な官能性と自分のセクシャリティにおける自信を準備してください。そして≪サロメ≫で、浄化されたセクシーさを身につけて欲しい、セクシーでない女性なんて一人もいないのですから。

そして、いろいろな苦い経験をしたあとの人には、強力な子宮の浄化を伴うエネルギーとして≪サロメ≫は、設定されるのだと思います。

金星の女神学校vol.3 (サロメ) 瑞々しい清潔な女性性のエロス

販売価格: 20,000円 (税込)
[在庫あり]
希望小売価格: 20,000円
数量:

関連商品

ご注文方法
・インターネット (年中無休・24時間受付)

お支払い方法
・銀行振り込み

送料について
・全国一律 500円
・遠隔ヒーリングパッケージは、送料無料
・合計10,000円以上の場合は、送料は無料。(ヒーリングパッケージと一緒の商品合計も適用)

配送について
・ゆうパック および レターパック
・遠隔ヒーリングパッケージは、送料はかかりませんが、オーダーの際、宅配便を選んでください。(システム上)

納期について
・お振込確認後、発送いたします。(お振込のご連絡をメールでいただくとスムーズです)
・ショッピングカートで「在庫あり」と表示されていても、取り寄せになる商品がございます。
主にフラワーエッセンスですが、これは通常1~2営業日ですぐ入荷できる商品が多いためです。
しかしながら輸入元で長期欠品となっていることがたまにあり、その場合すぐ発送できないことがございます。予めご了承ください。

ポイントについて
・ポイントは、1ポイント=1円として、次回のお買いものからご利用いただけます。
(注:ポイントが使えるのは、エッセンス製品のお買いもの時のみとさせていただきます。)

遠隔ヒーリングパッケージ販売について
・ヒーリング希望日時は、24時間お好きな時間をお選びいただけます。ご都合のよろしい時間、および日程をお知らせください。 (遠隔は、こちらのサロンにお越しいただかなくても、自宅、もしくはご希望の場所でヒーリングを受けられます。)
こちらで、ヒーリングエネルギーを流す設定をする日時の余裕、およびお振込いただく余裕だけご考慮ください。
(木金は、お休みですので、メールのチェックが出来ない場合があります。)
日時の第三希望までお知らせいただくと、ご予約の確定がスムーズです。
・オリジナルデザインされたヒーリングを遠隔で流しています。

ヒーリングの受け方 アチューメントの受け取り方
1.トランスミッションワークとして、3時間設定で受け取る。
2.ヒーリングとして1時間集中として受け取る
3.コールイン方式
4.その他
以上の方法を、メニューによって選択。

1.の場合は、グループワークに準じた形で、意識的にこのエネルギーと向き合う形で設定します。
2.は、1.のアチューメントの受け取りの部分だけを設定して、受け取ります。
3.は、お好きな時間に、コールインという方法でヒーリングを受け取ります。

効果は、いずれも同じです。お好みでお選びください。

すべての遠隔ヒーリングパッケージは、お申込みいただき、入金が完了した時点から、高次からの働きかけが開始されます。
そして、受けていただいたあともそれは、継続します。
ですから、高次からの見守られていることを信じて、ゆっくりとこのエネルギーを自分のものにしていってください♪

設定を完了した時点で、エネルギートランスミッションの際に、わたしが高次元よりチャネルしたガイダンスメールを併せてお送りいたします。
よくお読みになって、受け取りの準備をされてください。

トランスミッション アジェンダ
1ターム(1時間目)
トランスミッションが開始されます。
このときには、日常の生活のなかにいても大丈夫です。
むしろそのなかで、たとえば家族とのやりとりや、見ているテレビの内容、そのたあなたの日常生活の中で起きるマスターたちからのサインを読み取り受けとるということが開始されます。
あなたの注意を惹きつけるものに、それらのサインにアテンションしてください。
静かな時間と空間を創れるかたは、そのなかに入ってくださっても結構です。
次元の学びのテーマとそれを受け取って感じていることに意識を向けて自分の内側に入っていってください。
瞑想していただいてもいいですし、けれどもずうっとそうしていなければいけないのではなく、何かひらめいたら、その本を開いてみたりしても大丈夫です。

2ターム(2時間目)
行動はやめて、独りで出来れば瞑想や、思索のなかに静かに入ってください。
そしてビジョンやフィーリング(感覚)を受け取ることを意図してください。
お風呂で一人になる等は大丈夫です。

3ターム(3時間目)
マスターたちから、もしくはさらに上の次元からのエーテリックな施術とヒーリングが入りますので、できれば瞑想するか横になってください。そのまま寝てしまっても大丈夫です。

*サポートは、お申込みいただいて、エントリー設定が完了した時点から開始いたします。
この3時間は、トランスミッションのための特別な3時間としてお考えください。

ポイントについて
・遠隔ヒーリングパッケージにも、ポイントが付きます。
(注:但し、ポイントが使えるのは、エッセンス製品のお買いもの時のみとさせていただきます。  遠隔ヒーリングパッケージ購入時には、ご使用いただけませんのでご了承ください。


その他
お申込みの前に、こちらも必ずご覧くださいませ。


過去のワークのグループトランスミッションの内容は、「ヴィーナスの誕生(ブログ)」をご覧ください。



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス