観音 クァン・イン 慈悲 サナト・クマラ 金星の女神学校
ホーム | 遠隔ワーク > 金星の女神学校(女性性開花ワーク)金星の女神学校vol.7 (観音)本当の自分の喜びを生きるための慈悲
商品詳細

金星の女神学校vol.7 (観音)本当の自分の喜びを生きるための慈悲

販売価格: 25,000円 (税込)
[在庫あり]
希望小売価格: 25,000円
数量:


観音(クァン・イン)の大切なテーマは、
「わたしたちの本質の理解と
魂の目的に繋がるための和解の成就」です。

今まで、観音のエネルギーは、
「慈悲」のエネルギーとして理解されてきました。

わたしたちの苦しみや悲しみや、
過ちに対しての深い静かなる慈悲。
そのためにもたらされる深い癒し。

けれども、
本当の観音 クァン・インのエネルギーとは、
「慈悲」のエネルギーだけに留まりません。
その「慈悲」の本当の意味は、
わたしたちが癒されることによって、
「本当の自分を生きる喜び」を得るための
許しと癒しを与えるものなのです。

わたしたちは、
観音の真珠を苦しみの涙と解釈してきました。
けれども、
さらに、真珠の深い意味に繋がることができたなら、
それは苦しみの涙を越えて、
虹に輝くわたしたちへの約束の証となるのです。


【お薦めコメント】
積年の無価値感による苦しみを癒す。
みじめさや、自分のなかに高貴なものが見いだせない
という苦しさを、慈悲と共感のワンネスの意識へと繋げる。

自分という存在の
卑小さと高次の栄光のギャップを
観音の慈悲によって癒すことにより
わたしたちの本質の理解と魂の目的に繋がる。


わたしたちの「血」のセクレーション(聖化)のために。


* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *



【エネルギーコンファームコメント】

このエネルギーがコンファームされたのは、
ウエサクの日です。
「ウエサク」とは、
シャンバラのマスターたちのお祭りです。
キリストのエネルギーと、
仏陀のエネルギーの統合をメインとする
シャンバラのマスターたちの統合のためのお祭りです。

エネルギーの準備として、
グリッドが組まれたとき、
このときは、観音 クァン・インって
こういう感じなのだろうか?と、
少し戸惑ったのです。

よく言われるように、
観音のエネルギーは、
バイオレットや、オレンジだろうと
わたしも感じていたからです。
ホワイトとも言われますが、
それは、バイオレットが更に光を増して
シルバーに変化したものだと感じていたからです。
ブルーもまた観音の静けさを表す色であると
感じてきましたが、
今回入っていたのは、
クリソコラとカバンサイトでブルーというよりも、
ターコイズであったからです。

観音 クァン・インとターコイズ???
それから、
今回のアチューメントのエネルギーとなる
観音の理解が始まりました。

中央の白い石は、
一目見たときに、これは、観音の石だ!
と直観しました。
白雲母なんじゃないかなと思っています。
もしかしたら、真珠雲母なのではないか?
とも思っているのですが、
そうでしたら、
この≪観音 クァン・イン≫の中央に置かれる石として、
まさにぴったりです。

そして、わたしは、
この石(真珠雲母)は、「鏡」なのだなと感じました。
わたしたちのありのままの姿を映す鏡。

とするならば、クリソコラの原石や、
カバンサイトのターコイズが、
わたしたちのありのままの、本当の姿になります。

そのときに観音とは、
わたしたちが、ありのままに、自由に、
自分らしく、創造性を生かしながら、
喜びを持って生きることを、
守るエネルギーなのでは?と感じたのです。


ターコイズは、
マスターマハ・コハンとも関係の深い
8次元の虹のエネルギーでもあります。

わたしたちは、バラバラになることによって、
個別の自我を得ました。
けれども、この自我を「高貴な自我」にするものは、
すべての存在に対しての深い共感の慈悲と慈愛です。

それが、本当の真珠の、
虹の意味なのでは?
そう思ったときにターコイズ、ワンネス、
遍在の意識(偏在ではありませんよ!)と
観音 クァン・インのエネルギーが繋がったのです。

アルベルト・アインシュタインも
このように
悲と自己実現の関連について語っています。

「自分の熱烈な望みが叶うのは、
人間と動物と、植物への
愛と理解を獲得して
あらゆる喜びが、
自分の喜びであり、
あらゆる苦痛が、
自分の苦痛であると感じることが
出来た場合だけであるということを、
知っているだろうか.....」

観音 クァン・インは、
わたしたちに、
そのことを深く教えてくれるエネルギーなのでしょう。

大天使ツァフキエルの
ターコイズのレスキューとも関連が深い。
このツァフキエルの持つ
母なるエネルギーの表現が、
新しい、今という時代の観音 
クァン・インのエネルギーとして
わたしたちに届けられているのでは?と感じます。

そうです。
『今すべきことは、
何世紀にもわたった無価値感を燃やしつくすこと』であり、
「わたしたちの本質の理解と
魂の目的に繋がるための和解」
を完成させてくれるのが、
観音 クァン・インなのです。

このことを、
聖母マリアのエネルギーと併せて考えると、
とても深い慈愛と慈悲を感じませんか?

それは、わたしたちを満たし、
泉となって、
わたしたちの内側から溢れ出るような
気が、わたしはいたします。
わたしもまた
観音のエネルギーで深いレベルで
癒されているのを感じています。


カバンサイトは、
カルシウムを含む石です。
カルシウムは、
血液のなかに含まれ、
血液の情緒を安定させるミネラルです。

聖母マリアにおいて、
他の女神のグリッドにも長く存在していた
セレスタイトは、
今回は、ポイントと、クラスターになって、
グリッドに入っています。

そして、アメジストのタンブルは、
セントジャーメインのエネルギーと、
観音 クァン・インの繋がりを示唆しています。
これは、シャスタなどの聖地で良く知られていることですね。

「月の女神学校」は、
聖母マリアと、観音によって指導されている学校ですが、
月の女神学校vol.6
『他人と優劣を比較する感覚(ランク)に対処する』と、
月の女神学校vol.5
 『自分を無価値で、みじめな存在だと感じたときの感覚に対処する』 は、
特にこの観音のエネルギーと深い関連が保たれています。

「苦しみは、癒されてこそ、他者の癒しになる」
このことを、
聖母マリアおよび観音から教えてもらって、
それを助けてくれる存在こそ、
これらの女神の恵みだと感じています。

あとは、
自分を本当に理解することが出来るようになると、
人に自分(の経験)を理解してもらうこと、
感情的に共感してもらうことを求めなくなるようです。


アルテミスは、
聖母マリアおよび観音と、
また深いレベルでの関連を持ちますが、
そのベースにあるのが、
「聖域(ユグドラシル)」の形成の
意味なのかなと感じています。

人は、それぞれの「聖域」を持っている。
同じではない。
だからこそというかそれを理解するからこそ、
自分の「聖域」と他人の「聖域」を
共に尊重することが出来る。
そうすると、
新たなレベルでの共感と受容が生まれてきます。

自分の苦しみは、本当には自分しかわからない、
だからこそ、
自分の苦しみの種を観音のエネルギーに
変換するための「個人的な聖域」が必要で、
その聖域が豊かであればあるほど、
他者の苦しみに対しても、
必要な距離感を持ちながら
(これは、他人の聖域を荒らさないという意味もあります)
受容できるのでは?
と思うのです。

苦しみが癒されるということは、
本当に大切なことですね。
そうなれば、わたしたちは、
もっと軽やかにしなやかに存在できますね。
そして、高次の存在が高次たる理由は、
その謙虚さにあるということも理解することができます。

癒されて波動が高まってゆけば、
いろいろなことが上手く周りだし、
すべてが上手くゆく、ゆえに苦しまなくなる。
これはスピリチュアルな世界でよく言われていることです。
これは、間違いではないと思います。

けれども、
「精神の偉大さは、苦悩の深さによって決まる」、
これもまた真実なのだと思います。
それを教えてくれるのは、
観音の在り方なのでしょう。

わたしたちが、観音クァン・インから
変容を受け取るに当たり、
今までわたしたちが苦しんできたのは、
すでにわたしたちが、
観音の種として、こ
の世に遣わされてきたからであると
知ることができます。

そのことを改めて知ることは大切なことで、
わたしたちが、
自分たちの苦悩から、
精神の偉大さを受け取るための
大切な視座なのだと思います。

それをしっかりと受け止めたなら、
癒しの結果を
「ただただ、いろいろなことが上手く周りだし、
すべてが上手くゆく。
苦しんでいるのは、波動が低いからでしょう?」
と吹聴されることに対しての抵抗感も消え、
深い部分で光と闇の統合が
起きるのではないだろうかと感じています。
誰だって、自分の受けた苦しみを、
無意味なこととされるのが、
一番辛いことです。

「精神の偉大さは、
苦悩の深さによって決まる。」

そして、偉大なマスターたちは
共通してみな同じことを語っています。

「心の貧しいものは、幸いである。」

本当に尊き存在は、
光と闇は、同じものだからと
知っているからだと思うのです。
そして、全き光こそ、
もっとも苦しい苦難を引き受け続ける、
それは偉大な精神によって
闇を光に変え続けることを選ぶからでしょうね。

そのためにも
自分が光だということを忘れるのでしょう。
けれども、今、わたしたちは、
自分が光であるということも
思い出すこともまた可能なのです。

観音のチャネルです。

あなたの苦闘、
またこれも尊い。
あなたが、苦闘を手放そうとすること、
これもまた尊い。
あなたが、あなたがありたいあなたになろうとすること、
これもまた尊い。
あなたが、ありたかったあなたであれなかったこと、
これもまた尊い。
あなたのすべてが、尊い。
わたしは、あなたの尊さを、
あなたの次に知るものである。
わたしは、あなたの尊さを守るために、
わたしのすべてを手放すことができる。
なぜなら、わたしは、
あなたの尊さを、知っているからだ。


* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

【ヒーリングの受け方 アチューメントの受け取り方】
こちらの金星の女神学校は、
2つの受け取りかたがあります。

1.トランスミッションワークとして、3時間設定で受け取る。
2.ヒーリングとして1時間集中として受け取る

【こちらは遠隔セッションのみのメニューです】

金星の女神学校vol.7 (観音)本当の自分の喜びを生きるための慈悲

販売価格: 25,000円 (税込)
[在庫あり]
希望小売価格: 25,000円
数量:


ご注文方法
・インターネット (年中無休・24時間受付)

お支払い方法
・銀行振り込み

送料について
・全国一律 500円
・遠隔ヒーリングパッケージは、送料無料
・合計10,000円以上の場合は、送料は無料。(ヒーリングパッケージと一緒の商品合計も適用)

配送について
・ゆうパック および レターパック
・遠隔ヒーリングパッケージは、送料はかかりませんが、オーダーの際、宅配便を選んでください。(システム上)

納期について
・お振込確認後、発送いたします。(お振込のご連絡をメールでいただくとスムーズです)
・ショッピングカートで「在庫あり」と表示されていても、取り寄せになる商品がございます。
主にフラワーエッセンスですが、これは通常1~2営業日ですぐ入荷できる商品が多いためです。
しかしながら輸入元で長期欠品となっていることがたまにあり、その場合すぐ発送できないことがございます。予めご了承ください。

ポイントについて
・ポイントは、1ポイント=1円として、次回のお買いものからご利用いただけます。
(注:ポイントが使えるのは、エッセンス製品のお買いもの時のみとさせていただきます。)

遠隔ヒーリングパッケージ販売について
・ヒーリング希望日時は、24時間お好きな時間をお選びいただけます。ご都合のよろしい時間、および日程をお知らせください。 (遠隔は、こちらのサロンにお越しいただかなくても、自宅、もしくはご希望の場所でヒーリングを受けられます。)
こちらで、ヒーリングエネルギーを流す設定をする日時の余裕、およびお振込いただく余裕だけご考慮ください。
(木金は、お休みですので、メールのチェックが出来ない場合があります。)
日時の第三希望までお知らせいただくと、ご予約の確定がスムーズです。
・オリジナルデザインされたヒーリングを遠隔で流しています。

ヒーリングの受け方 アチューメントの受け取り方
1.トランスミッションワークとして、3時間設定で受け取る。
2.ヒーリングとして1時間集中として受け取る
3.コールイン方式
4.その他
以上の方法を、メニューによって選択。

1.の場合は、グループワークに準じた形で、意識的にこのエネルギーと向き合う形で設定します。
2.は、1.のアチューメントの受け取りの部分だけを設定して、受け取ります。
3.は、お好きな時間に、コールインという方法でヒーリングを受け取ります。

効果は、いずれも同じです。お好みでお選びください。

すべての遠隔ヒーリングパッケージは、お申込みいただき、入金が完了した時点から、高次からの働きかけが開始されます。
そして、受けていただいたあともそれは、継続します。
ですから、高次からの見守られていることを信じて、ゆっくりとこのエネルギーを自分のものにしていってください♪

設定を完了した時点で、エネルギートランスミッションの際に、わたしが高次元よりチャネルしたガイダンスメールを併せてお送りいたします。
よくお読みになって、受け取りの準備をされてください。

トランスミッション アジェンダ
1ターム(1時間目)
トランスミッションが開始されます。
このときには、日常の生活のなかにいても大丈夫です。
むしろそのなかで、たとえば家族とのやりとりや、見ているテレビの内容、そのたあなたの日常生活の中で起きるマスターたちからのサインを読み取り受けとるということが開始されます。
あなたの注意を惹きつけるものに、それらのサインにアテンションしてください。
静かな時間と空間を創れるかたは、そのなかに入ってくださっても結構です。
次元の学びのテーマとそれを受け取って感じていることに意識を向けて自分の内側に入っていってください。
瞑想していただいてもいいですし、けれどもずうっとそうしていなければいけないのではなく、何かひらめいたら、その本を開いてみたりしても大丈夫です。

2ターム(2時間目)
行動はやめて、独りで出来れば瞑想や、思索のなかに静かに入ってください。
そしてビジョンやフィーリング(感覚)を受け取ることを意図してください。
お風呂で一人になる等は大丈夫です。

3ターム(3時間目)
マスターたちから、もしくはさらに上の次元からのエーテリックな施術とヒーリングが入りますので、できれば瞑想するか横になってください。そのまま寝てしまっても大丈夫です。

*サポートは、お申込みいただいて、エントリー設定が完了した時点から開始いたします。
この3時間は、トランスミッションのための特別な3時間としてお考えください。

ポイントについて
・遠隔ヒーリングパッケージにも、ポイントが付きます。
(注:但し、ポイントが使えるのは、エッセンス製品のお買いもの時のみとさせていただきます。  遠隔ヒーリングパッケージ購入時には、ご使用いただけませんのでご了承ください。


その他
お申込みの前に、こちらも必ずご覧くださいませ。


過去のワークのグループトランスミッションの内容は、「ヴィーナスの誕生(ブログ)」をご覧ください。



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス